FC2ブログ

東京都港区西新橋にある、川南歯科クリニック院長のブログです。

歯周病の初期治療

今日は、当院の症例をご紹介します。





お口の中の写真が表示されますので、ご留意願います。
写真をクリックすると拡大して表示されます。







この写真は、40代の男性の初診時の写真です。

初診時正面観


歯と歯の間に多量の歯石が付着し歯肉の炎症も見られます。
歯並びは特に問題は無いと思われます。
患者さんは10年以上歯科を受診した事が無かったそうです。


下の歯の写真です。

初診時下顎



前歯の裏側には多量の歯石、左下奥歯に大きな虫歯があります。

初診時下顎前歯

前歯を拡大してみると、前歯の裏側を覆い尽くす歯石、
歯と歯の隙間を埋め尽くした歯石が見えます。


初期治療後正面観


歯石を徹底的に除去した後の状態です。初診から約2ヶ月後の状態です。


初期治療後下顎


多量に付着した歯石を除去した結果、歯肉は腫れが無くなり、
引き締まってきました。


奥歯の歯周病は中等度に進行していますが、前歯はあれだけ歯石が多量に付着していたものの、軽度だったので前歯の治療はこれで終了です。

歯周病の初期治療歯石の除去、プラークコントロール)により、お口の中の環境が劇的に改善したこの患者さんは非常に幸運だったとおもいますが、奥歯の虫歯がさらに進行し、噛み合わせが崩壊していくと前歯にもその影響が及び、治療がもっと困難になったと思われます。




歯科治療 | トラックバック(0) | コメント(6) | 2010/03/03(Wed) 15:00:49
02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

川南歯科クリニック院長

Author:川南歯科クリニック院長
川南歯科クリニック院長のブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

INFORMATIONS